よくある質問とその答え

印刷 印刷用ページ(もしくは正常に表示されない場合)

データディスクの作成方法について

最終更新日:2010/04/15

 

 1.作成したいディスク形式を選択します。

 

 

 

 

 

 

 2.

 ①ディスクに書き込みたいフォルダーを選択します。

 ②さらにフォルダー内の書き込みたいフォルダーやファイルを選択します。

 

 ③選択後、 (追加ボタン)で書き込み設定をします。

 

 

 3.追加ボタンを押して選択されたファイル一覧が下の段に表示されます。

 下の段に表示されたフォルダーやファイルを削除したい場合は、削除したいファイルを下の段で選択し、

(削除ボタン)をクリックすると、一覧から削除されます。

 

書き込みファイルの設定が終了したら[書き込み]ボタンをクリックします。

 

[設定画面について]

[情報]タブで複数のドライブがある場合に書き込みドライブを選択できます。

 

 

 

 

 

 

 

[データ]タブで”オートランディスクの作成”や”ディスクアイコンの設定”ができます。

 

 

 

 

 

 

 

[共通]タブでディスクのラベル名を変更できます。

 

 

 

 

 

 

 

全ての設定が終了後[書き込み]ボタンをクリックすると書き込みがスタートします。

*CDディスクBDディスクへも同様の手順で書き込み設定ができます。

【注意事項】

本内容は「Power2Go 6」共通の内容について記載されています。お使いの製品のバージョン・仕様・カスタマイズ内容によっては、本項目に関する機能が実装されていなかったり関連していない場合がありますのでご了承ください。

※本ページのURLは、事情により予告なく変更されることがあります。